砂漠のハレム

唐突なケースだった。何もわからないとおり連れてこられた乙女は、
「ミーシェとか言ったな。お子さんよ。お前を今日から俺の後宮に混ぜる。こういう俺、ジャルバラ王国第三王子の恋人の独力として」
突如王様の恋人にされた!?
こっち、砂漠の各国ですジャルバラ王国は一夫多妻制がルーチンです。そしてその王子、カルムは若くして個性は頼もしいものの、
「ちょっと待ってよ!前文会ったばかりで必ず王宮に連れて来られて、ぶらりと恋人になれなんてなぜ……」
「決まっている。ほしい物は手に入れんと思いが済まんからです」
傲慢でわが儘だった。その上無類の女好き。
「(女子にバリエーションは弱いってケースね。ビビッから君主は嫌いなのよ!)」
ミーシェはそれほど秀でたスキルもなければ、状態も薄い民衆です。だが子が王子の馬に蹴られみたいになり、そこを庇ったことから捕まって仕舞う。
「その女子を捕えろ。御殿へ連れて行く」
それほど言われた時は刑務所に入れられ、死罪を覚悟した。しかし、後宮に入った事で主人の生活は著しく一変する。
嫌いだった君主。なのに王子の恋人の独力になってしまい、しかも寝所で彼を殴ったり、あるがままにふるまうミーシェ。
主人の一生は……
マガジン作品はママ向けのTL作品。
砂漠の王国・ジャルバラの王子ですカルムに捕まり、後宮に入れられてしまった民衆のミーシェ。君主嫌いの主人だが、カルムは他の君主とは異なる。一見すると傲慢でプライド住まいに感じるが、どっか手厚く、寛容な節があったのだ。
あんな彼に惹かれ、徐々に主人は正妻の独力となるべく、不動の状態を目指していく?
という間隔でしょうか。カルム王子、どうでしょう?眩しい?腹立つ?個人的には、顔つきが良いし、値段も状態もある最高のパパだと思うんですけどね!
一旦スタイリッシュ!よくミーシェに殴られて怒らなかったなと。
一夫多妻なのは一層、現代の女性がとりわけ夢見る、異性を待ち望むパパ像ぴたりではないでしょうか。まずミーシェはそんな事は一般望んでいないのでしょうが、死罪を免れた前述、玉の輿に慣れたのだから最高な……。
とかさておき、マガジン作品はママ限定ですが割とパパでも読みやすい絵図・筋道です。そこまでメンタル形容も数多くなく、話しがバッチグーで結び付く足取りの良さも良いですね。絵図もさすが可愛い。男女ともに差し替え持てます。とりあえず推進が気になる!
一層、正邪一度、見本を読んでみてください!後悔しないデキだ!
鹿児島県の不倫相談